読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bu-doさんのお日記

日々思ったことを徒然草のようにつれつれっと書いております。

時の流れを感じながら、しみ

外見を整える

学生時代は青空の下で運動をしていました。

 

太陽と汗と砂がいつも身近にあり、靴と帽子と部室はそれらの香りでいっぱい。

 

日焼け対策も大事だとは聞いていましたが、それよりも目の前のボールといかに友達になれるのかに必死でした。

 

あの時の制服を脱ぎ捨てた今、女性の悩みと言われる「しみ」が現れました。

 

ついにきたな、とまるで登場するのを待っていたかのようでもありましたが

 

黒といえば、悪い魔法使いや死者に祈る時にだけ着る色です。

 

どうやってこの黒い点をやっつけようかと雑誌の方法を色々チャレンジし、挫折し笑。

 

最終的に面倒なので「なにもしない」にたどりつきました。

 

というのも、目と眉をどうにかすればどうにかなると判明(スッピンの時の方が好印象をもたれることが多いのはメイクスキルの問題なのかもしれませんが。)

 

髪の毛をおろせばひっそりと隠れるため、別にいいかと放置。

 

私のしみは謙虚なんだなとしみじみ思いました。

 

アップヘアの時はこの葉隠れをしてもらいますけどね。

 

性格上あれこれするのは面倒だし続かないので、できる範囲で取り組もうと思っています。

 

目標は全てほどほど、オールマイティです。