読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bu-doさんのお日記

日々思ったことを徒然草のようにつれつれっと書いております。

積ん読解消プログラム 2回目

2月といえば、チョコレートが大量消費される月ですね。

もらう人もあげる人も、気持ちがあってもなくってもカカオの甘い魅力に罪はありません。

 

 

そんな季節に今回はこちら

恋のゴンドラ

恋のゴンドラ

 

 

東野圭吾さんは、父がよく購入していたので自然な流れで私も読むようになった作者さんの一人です。

主にミステリーを読んでいたので、今回の小説は結構あっさり系。

すらすらっと読めました。

それだけテンポよい展開でお話が進められているんですけどね。

 

 

 

同世代の恋愛事情が短編として始まりますが、

全てのお話がつながります。

展開は現実的ではないんですけど、共感することが多々ありました。

 

 

 

本命はいるものの浮気相手を探すイケメンや

年齢から彼女に結婚を迫られた男や

付き合う寸前でお相手が結婚を控えていると知った女性や

プロポーズの前に元カレと元さやに戻られた男性などなど。

 

とにかく、同世代が主人公。

こういう人、いるいるー!

あ、この流れ、あるあるー!

なんて、人ごとだけどいつか自分にも起こりうることがスノーパウダーと共にばんばん出てきます。

 

 

 

こうされたら相手は悲しいだろうな、嬉しいだろうな、と

恋愛もそうだけれど他人との関わり方も含めて考えるのにもぴったり。

 

結婚したいのにお相手がいない方や

結婚に踏ん切りがつかない方、

結婚をお相手が考えていなさそうと嘆く方は読んだ方がいいかも。

さらっと、胸にくるものがあります。

 

 

 

「この恋の行方は天国か、地獄か」

どっちに転がすかは自分次第

でも地獄はいやだな、と思った平日夜でした。

 

 

 

おしまい。

積ん読解消プログラム 1回目

 積ん読をやめよう!

そう思って読書をしていますが読んだだけでインプット。

アウトプットが大切とビジネス書から散々教わっているのでそれをやってみようと思い。

 

 

 

初回はこちらから↓

ハリネズミの願い

ハリネズミの願い

 

 私の読解力が乏しいためか、分かりにくい箇所がちらほらあります。

感動…というよりもやっとした気持ちが強いです。

 

要は、ホームパーティーに森の動物達を招待したいのだけれど

色々不安な妄想をして誰にも手紙を出せずにいるハリネズミ君のお話です。

招待してもきっとこう言うだろう、

招待してもこんな事をして家を壊すだろう、

招待しても…ってのがエンドレス。

 

もうー!とっとと誰か誘えばいいじゃん、

手紙書いちゃえばいいじゃん、

相手を選ぶ立場じゃないでしょ、君!

とこっちがうー!って唸ってました。

 

 

 

でも、急に誰かと関わるために行動を起こすのってやっぱり大変ですよね。

進級したり、転職したりして新しいクラスや職場に初めて行く日も不安でいっぱいだし、周囲と上手くやっていけるのか心配になりますし。

積極的に行き過ぎて引かれたらどうしようと思ったり、どこまでの距離間から攻めればいいのかと考えたり…。

だけど、不安に駆られて行動しないってのは現状維持。

結局変わらないし不安のループ@ループ

多分、私も同じ事を考えることはあると思うけど、

外から見たらこんなにもやもやするのかと認識しました。

 

 

 

…で、誰にも手紙を書かず妄想している中で、ある動物がやってくるんですね。

「だれか訪ねてきたらハリネズミが喜ぶかもしれないって思ったんだ。」

そういって二匹はお茶を飲んで、お菓子を食べて、楽しい時間を過ごしましたとさ。

 

 

 

って、ハリネズミ、何もしていないですよ。

その動物が来たのは気まぐれであって、たまたまふたりで楽しい時間を過ごせただけです。

他人任せ、他動物任せ、運任せ。

でも、気まぐれであっても他人の優しさが救ってくれることってたくさんあるし

その出来事を良くも悪くもするのは自分のフィルターなんだなと思いました。

 

 

 

この本、また読み返したら違う印象を持ちそうなので本棚に入れちゃいます。

いつか読む時まで、待機。

 

 

 

ちなみに、ハリネズミって草食だっけ??

と思ったら昆虫を一晩かけてじっくり召し上がるようです。

 

 

 

…育てられない。

 

 

 

と、ハッピーエンドを期待していた私にはもやもやが残る感じでした。

今までならすぐに記憶から消し去ってまた楽しいことはないかなと別の興味に向かってしまうんですが、集中力のない私がより良い人生を歩むため☆にも、ひとつのことに全力で取り組む姿勢を今後作って行こうと思いました。

 

 

 

まずは積ん読コンプリート☆

できることからコツコツと、ね!

 

 

 

おしまい

現実に目を向ける

久しぶりからのお久しぶり。

まめに続けられないな、ブログ。

 

 

 

続けるのってすごく大変。

どうして私は集中できなんだろう、

ある程度のレベルまでいったら満足して

それ以上を求めるのをやめるんだろう、

 

どうして一生懸命になれないんだろう。

 

 

 

すっごく青臭い悩みにもだえていました。

そのおかげで最近悪い癖がにょきにょきと出現してきて、

でも止めることもできないから放置プレイをしていましたが、

もういい大人なんだから自己コントロールくらいできるようになろうぜ!

 

と、思い。

自分探しを社会人になって開始。

 

 

 

自分はどんな考え方にあるのか、

何を生き甲斐としているのか、

どういうときに嬉しくて

どういうときに悲しいのか、

 

 

 

色々、調べながらいつも通りの毎日を生きるのって結構グロッキー。

辛くって逃げたくなりますし、別にそこまで自己理解を深めなくっても生きて行けるわ!と開き直るときもありましたが、

今までの考え方で生きていて辛くなっているのなら変えざるを得ないんですよね。

 

 

 

そんな中、最近腑に落ちたのがエニアグラム

エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ)

エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ)

 

 関連書籍を読んでみたけれど、

この本に書いてある事が優しく書かれているかどうかの違いだなと思いました。

エニアグラムに興味を抱いた人は必読。

 

 

 

で、私は検査をしたらタイプ7の人間に近い。

「いつも忙しそうだけど楽しそう」

「人生楽しんでいるよね」

「今度は何にチャレンジしているの?」

 

色々なことに挑戦したがるから、時間もお金も使ってしまいます。

でも、何かを成し遂げたいとか思っていません。

広く浅く、専門家よりはジェネラリストでありたい。

楽しいことだけで人生終えたい。

 

 

 

いやいや、それは違いますわ、そこまで楽観主義じゃないわ。

本当はどす黒くって繊細でもろく崩れやすい豆腐メンタルなんですよ、

なんて思ってもうむむむ…とうなる部分があるのも事実。

 

 

 

まだまだ、世の中には楽しいことがたくさんあるもんです。(こういう発言がタイプ7なのかもしれませんね。)

 

 

 

とりあえず、私は集中して取り組む姿勢が弱い、弱い、弱い。

まずは第一歩として、読みかけの本をしっかり読むことから始めようと思います。

積ん読、およそ20冊。

最後まで読んでいないから、購入した本達も嘆きのマートル状態。

ごめんね、今から向き合うね。

 

 

 

残念な自分も認めてあげつつ、よりよくなるために何をしたらいいのか。

真面目に話すと「新手の宗教か」と心配されちゃうので、

まずは自分から改正していく方向でいよう。

 

 

 

おしまい。

久しぶり

お久しぶりのbu_doです。




ブログ、忘れてました。




色々あったので。




男とか。お金とか。男とか。





メンタルは弱いので。
強化ガラスのハートでいたい。





彼氏がいました。
お互い最初から突っ走る感じで始まり、
あっという間に終わりましたが。




そこからなんか、寂しくなっちゃって。




彼氏ではないけどいちゃこらする人を
複数作ってみたり




やっぱり好きになれないから
ある日突然姿を消してみたり




やりたい放題で、
だけどちやほやする人には困らないので




寂しいなと思いつつ、誰かといました。









そしたら、好きな人ができました。





だけど何をしたら良いのかわからない。





毎日連絡するのもしんどい
見え見えの恋愛の駆け引きもしんどい





ゲスを極め中に乙女になっちゃった。




おしまい。

特別な人扱いをさりげなくこまめに。

こんばんわ、bu-doです。

 

 

 

職場では今だに諸先輩のお世話になっている最中です。

 

 

 

経験者なのにこれもできないじゃん・・・まだまだだなぁ〜と落ち込むことも多々あります。

 

 

 

ミスが続いた時には自分のふがいなさにひっそり涙したり、ワインが夕飯になったり。

 

 

 

本日とある先輩から「bu-doさんには特別厳しくしている。ミスしないようにね。」っと言われました。

 

 

 

その前の会話が「もしミスったら頭突きじゃすまさないからな」でしたが。

 

 

 

私「そんなキャラでしたっけ。」

S「bu-doさんだからかな。」

という会話の流れに周囲の笑いがあったり、私は結局ミスをして真面目に指導されたり。

 

 

 

なんやかんや言われていますが、声かけてもらったり仕事のフォローもしてくれているのでありがたいことです。

 

 

 

好かれやすい人って特別扱いが秀でているのかなと思いました。

 

 

 

特別にしてくれる人を嫌うことは中々できないですしね。

 

 

 

まあ、私にだけ特別に文句を言うってのはいりませんが。

 

 

 

周囲のフォローが素敵すぎて存在が霞んでしまいますけどね。

 

 

 

面倒っちぃけど仕事で結果を出すしかないなぁ。

 

 

 

でもいや本当、周りに恵まれています。(一部を除く)

 

 

 

最近異動や退職の話を聞いて寂しさ恋つのり中。

 

 

 

さっさと独り立ちして仕事を頑張ろうと思います。

 

 

 

今日もありがとうございました。

 

 

 

おしまい。

悩む暇がない

こんばんは、bu-doです。



最近湯船の温度が下がりやすくなっており、発汗量が少なくなっています。



入浴剤の検討時期です。







最近やりたいことが増えました。



上品になりたい、女になりたい、仕事で活躍したい、堀北真希さんのように思われて結婚したい、、などなど。



永遠にあると思っていた時間が少ないように感じ、如何にしてやりたいことをやろうかと思ったのです。



今後無駄な時間を省いていくとするならば、悩む時間がもったいないなと。



悩むこと自体は必要な時もあるけれど、悩むからには結論を見つけていきたい。



悩み続けて時間を使うのもねぇ、と年を重ねて感じるようになりました。



今この時間も、明日に繋がっていると同時にいつ来るのか分からない死にも向かっていますしね。



私がやりたいこと全てやってからお迎えにいらして下さい、と神頼みをし、明日もお仕事に参ろうかと思います。




今日もありがとうございます。



おしまい。

無理しないで笑わない

私はよく第一印象が悪いと言われます。



というのも、全く笑わず、無言で仕事をしているからです。



笑顔って癒されるし自分に向けられると嬉しいものだと分かっていますし、自分でも笑顔でいるよう練習したこともあります。



ただ、練習して見せる笑顔が全く綺麗じゃないし自分が嬉しい気持ちにならなかったのです。






その時に自分は愛嬌のあるキャラじゃないと気づき、無駄に笑うのを辞めました。



愛想が悪いと私に寄り付かない人が出てきました。



中途半端な仲の人は離れていきました。



一緒にいてくれるのは気の合う人達のみとなりました。



すると、楽な自分を発見して、人と話すのはなんて楽しいんだろうと思えるようになりました。



興味が沸かなければ人と話さない主義ですが、他人に興味を抱くようになりました。



色んな人とお話するようになった結果、人並みの対人スキルは身に付くようになり。



気がつけばつっけんどん、ポーカーフェイスで何考えているのか分からない



でも話すと面白い、そんなツンデレbu-doが出来上がりました。






自分のキャラ把握って大事ですね。



今の私、10代の時より輝いている自信があります。



男女問わず周りに助けてもらえることが増えたと思います。



モテ期かと内心にんまりな悪い女です。



最近の自分が幸せ者すぎてこのままでいいのかと一抹の不安がよぎるネガティブですが、天狗にならないように気をつけて参ろうと思いました。



今日もありがとうございました。



おしまい。